PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3歩すすんで2歩さがる

先週末は強い風が吹き荒れました。
しかも冷たい北風で冬に逆戻りしたような寒さ。
春はまだ遠いのかな~~
でも山の木々は確実に春を迎えていましたよ。

IMG_0331-2.jpg


風が吹くたびに杉の木が揺れ花粉が飛び散ってまわりが黄色く霞んでみえました。
この季節、花粉症の人には辛すぎるトレッキングですがこの日もケントは絶好調(?)


IMG_0331-1.jpg


いつも私が緊張するスタート地点では拍子抜けするぐらい静かな幕開けでした 
参加数が4頭と少なかったこともあり今日はケントが先頭を行きます。


IMG_0332-1.jpg


木切れをカミカミしたりしながらご機嫌なようすだったので今日は平穏な山歩きを楽しめるかなと思っていた矢先、因縁のお相手であるTちゃんにバトルを仕掛けて大ヒンシュク あ~ぁ 

でもこれは学校の授業。

なぜそういう行動をしたのか。
原因は何なのか。
予兆はなかったのか。
飼い主としてやるべくことは何か。
どのタイミングでどんなことをやるべきか。

またやってしまった~と嘆くより学ぶべきことがたくさんあるのです。
この経験を次回に活かせるようにならないといけません。


そしてトレッキング終了後短い休憩をはさんで別のレッスンが始まりました。
参加したどの犬もリードをつけると他の犬へのガウガウが酷くなるという傾向があるため散歩でのストレスを軽減するためのテクニックとバランス歩行の練習です。


IMG_0207-1.jpg


一旦ケージで休んでいた犬たちがリードをつけて再登場したのですがさっきまで一緒に山歩きを楽しんでいたのにリードをつけたらガウガウの応酬なんですよ~(笑)


IMG_0208-1.jpg


ジェントルリーダーで落ち着かせてから首輪とハーネスを使ってのバランス歩行に移行します。


IMG_0216-1.jpg


ケントは相手との距離が近くなるのが嫌なタイプなので正面ですれ違うことは避けたほうがいいと教わりました。
目を合わせないように引き返すか横へ方向転換をする。


IMG_0222-1.jpg


それから障害物を一緒に跨ぐ練習もやりました。
指示もご褒美もなしで四本の足でゆっくりバランスよくハードルを超えなくてはなりません。
一見簡単なようにですが『服従』なしで『四本の足でゆっくりバランスよく』やるのは意外に難しいです。


IMG_0333-1.jpg


屋外で実践しながら謎かけ問答で進む授業は驚きと発見の連続で楽しく面白いのですがメモが取れないのがツライ!
その場ではすごく納得して理解したつもりでいても家に帰ってからの記憶がとても曖昧なのです。
レッスンでたくさん大事なことを教わったのにそのほとんどを正確な言葉で言い表せない悲しさ~~


3歩進んだつもりが家に帰ったら2歩後退
1歩は進んでいる?。。。。だといいけどね~~





にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 学校 | 17:08 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

バトルを仕掛けるってどんな感じですか?
威嚇?本気?
ケント流の挨拶では?(笑)

3歩進んで2歩ジャーーーーンプ!

| ゆるる | 2012/03/13 17:43 | URL |

先日の横浜でのオフ会でホセは狭いカフェ内ではリードを付けていたのでガウガウしまくりでした。
一旦ランに出してノーリードになるとそういう素振りは一切なくなるんですよね。

リードがあると飼主の後ろ盾を得たような気になるとトレーナーさんからも言われた事がありました。

ケント君も同じかな。

色々カウンセリングもしていただいてケント君問題の根本も解決できているみたいなので後は飼主の頑張りですね。

常に手綱を締めていないとまたすぐもとの木阿弥になっちゃうのでそれが思いのほか大変なんですよね。

メモできないんですか?
せめてICレコーダーもって行くとか・・それもダメ??

| yox | 2012/03/13 17:53 | URL | ≫ EDIT

なるほど リードをつけるとガウガウしだすのですね。
躾け教室で皆がガウガウ言うのもそういうことなんですね。

まりんばさんとケント君を通して私も勉強できてとてもありがたいです。
でもメモはしたいところですよね。
私なんて年齢的にも記憶力が衰えているだろうから書き留めたい。
ほんとICレコーダーという案 いいと思います。

| クレまま | 2012/03/13 18:29 | URL |

ゆるるさん

威嚇か本気か よくわかりません。
本気=致命傷を与えることだったら本気ではないと思います。
先生曰くそんな子はレッスンに参加させられないと言っていたので。
俺流の挨拶が荒っぽい同士なので仕方ないところはあるのですが
予兆を察して回避するなどもっと飼い主がコントロールできるようにならなくてはいけないですね。

3歩進んで2歩ジャ----ンプ!ってうしろに跳びすぎですよ~(涙)

| まりんば | 2012/03/13 19:09 | URL | ≫ EDIT

犬の習性として、リードを付けている間は 飼い主さんが横に居るという
安心感があるので 気持ちが大きくなる。
ノーリードになると、不安が出てきて 気弱になったりする・・・
とマハロパパから聞いた事があるのですが、
その習性と関係しているのでしょうか??

私も ケント君のブログを通して 勉強させて頂いています☆
私は、皆さんのブログで 色々教えて頂く事ばかりです(*^^*)
いつもありがたく 拝見させて頂いています☆☆

| リーコ | 2012/03/13 22:44 | URL |

リードとガウガウ、確かにありますよね?!
ジャスミンのお友達ワンコのボーダーのチョビちゃんも、ゴルフ場でノーリードだと大丈夫なのにつながれてるとガウります。
姉御肌のジャスミンにビビってるんですけど・・・・♪( ´θ`)ノ

| サンディーママ | 2012/03/14 06:33 | URL | ≫ EDIT

リードを付けているとノーリードよりガウりやすいですよね。
飼い主の後ろ盾があるかないかと
リードを付けている事によって逃げ場がなくなるのも
ガウる原因かもしれませんね。
りょうはリードを付けていてガウらないよう
お散歩中練習するのに苦労しました。
りょうが相手とどのくらい離れていたらガウらないかの見極めが
難しかったです。
少しずつ距離を縮めて行きました。
今はすれ違いも大丈夫になりました。
やっとガウらないようになったけど、
行きたくて仕方がないのを
引き戻すのに今苦労しています。
リードが張らないようにすることも大切でした。
リードのテンションで飼い主の緊張感が犬に伝わってしまうので
りょうを信じ、リードを緩めてリラックスを心がけました。

最初はガウるのが苦痛で、道を曲がったり
りょうに相手のわんこを見せないようにしていたのですが
それでは進歩がないので
ほんの少しずつですがハードルを高くしていきました。

ただ、建物の中とか狭い空間では圧迫感があるのか
まだガウってしまう事が多いです。
私も緊張しているので余計にガウるのじゃないかと思います。
まだまだやるべき事が沢山あります。
難しいけど、少しずつですが確実に良くなって来ているので
頑張ります。

ケント君はとてもいい環境にいて、いいパパ・ママもいて
いい先生もいるから近いうちにガウらない日がやって来ますよね。
きっとりょうとケント君、似ているんですよね。
飼い主としては本当はいい子だと思っています。
きっと出来るようになるから一緒に頑張ろうね。

| makorinn | 2012/03/14 07:22 | URL | ≫ EDIT

yoxさん

ケントもホセ君とおなじです。
自分の空間が確保できないと不安になるみたいなんですよね~
ケントの場合は自信がない・飼い主に依存しすぎているのが原因だと言われます。
リードをつけるとより飼い主が近くに感じられるのでしょうね。
飼い主がいると強気な態度ですがいなくなると途端にしょんぼりとして気配を消すらしいです。
美容室に預けているあいだいい子で大人しいと言われるのはその表れだそうなんです。
いい経験をつませて自信をもたせることと飼い主への依存をなくさせることがケントには必要だと言われます。

それには飼い主を含めた生活全般を見直さなければならないこと・受動的な服従はさせないこと・自分で判断する力を育てることなど・・・難しい課題が山積みです。
考え方の根底に犬にとって生きにくい世の中をなるべくストレスなく過ごさせたいという願いがあるので所謂訓練学校とは少し違います。
考え方に共感できるし魅力ではあるのですが実現できるかどうかは飼い主次第。。。。
気持が折れないで続けられるかな~~←そんな弱気なところが問題なのに!!

私にはiphoneという便利なものがあるのを忘れていました。
ボイスメモを使えばいいのですね。
これで2歩さがらずに済みそう。

| まりんば | 2012/03/14 11:08 | URL | ≫ EDIT

クレままさん

リードをつけるとガウガウするはケントだけかと思っていたら意外に多いのですね。
しつけ教室でもよく見かけるのですか?
その子たちもケントと同じで自信がなくて不安なのかな~?

脳トレの必要性を痛感します。
固くて狭くて余裕が全然ありません。
覚えたことを長く留めておけなくなりました(涙)
こんなときこそiphoneを使わなくては!
そんなアイデアさえ思い浮かばないなんて情けないですね。

| まりんば | 2012/03/14 11:18 | URL | ≫ EDIT

リーコさん

リードは私たちにとっては外の危険から愛犬を守る命綱ですが犬にとっても同じなのでしょうね。
そういえば散歩の時ちゃんと付いてきてるか~みたいに時どき確認していますよ。
それでもケントの場合は精神的に弱いので外ではすごく緊張するみたいです。
だからたとえ自分よりも体が小さい小型犬にでさえ近寄るなとガウガウいうのです。
襲われたりしないからデーンとしていればいいのにな~と思うんですけどね。
何故攻撃するのかというと緊張に耐え切れないからだそうですよ。
ケントは緊張に耐えられる強い精神力を身につけなくてはいけないのです。
飼い主がいなくなったらピーピーないているようじゃダメなんですよね~。
で・・・そうしたのは誰だ?という話になるわけで・・・
ほんとうはケントよりも飼い主が精神的に強くならなくてはいけないのです。
奥が深くて難しい課題なんですよ~(汗)

| まりんば | 2012/03/14 12:05 | URL | ≫ EDIT

サンディーママさん

え~あのいつもご機嫌でゴルフ場を走り回っているチョビちゃんがですか??
ケントとよく似ていますね~。
ジャスミンちゃんにビビっているんですか?
ゴルフ場での微妙な力関係が垣間見えますね(笑)
散歩コースにあんなオープンな場所があるのは羨ましいです。
遊びながらいろんなことを学習できますよね。

| まりんば | 2012/03/14 12:22 | URL | ≫ EDIT

makorinnさん

私はケントはどのワンコよりも上にたちたいのだと思っていました。
だから他のワンコを無視できなくてガウルのだと。
でも先生の見解は全然違っていたのです。
ケントは自分が安心して過ごせる空間(テリトリー)が狭いため精神的に弱く自信がないので外ではとても緊張するのだそうです。
他のワンコやバイクに吠えたりするのは身の危険を感じるかららしいです。
ドッグランや広い公園でふつうにしていられるのは他のワンコとの距離が確保できるからなんですよ。

りょう君はケントよりずいぶんと先をいっているように思います。
ケントはやっと方向が見えてきたところです。
とりあえず今は緊張する場面をつくらないようにしています。
それからmakorinnさんとりょう君がやったように徐々に慣らしていくことができればいいなと思っています。
飼い主の緊張がリードを通してすぐに伝わるので私もリラックスすることが大事なのですよね。
自信が持てないのはケントより私の方かもしれません。
私にまだ伸びシロがあるか不安ですがストレスのない散歩ができるように頑張らなくてはいけませんね。

| まりんば | 2012/03/14 13:15 | URL | ≫ EDIT

アディも一歳頃からこの問題はありましたね。
今の公園デビューしたてはケント君と全く一緒でした・・(^^!
相手から近寄って来られるのが怖くて威嚇しまくってましたから~・・・(汗
犬だけではなく大人、子供に関わらず人間にもダメでしたよ!
この時点で家族にも気を許していなかったので公園ではリードから離れる事なしでは進歩がなかったでしょうね~。
集会するワンコの飼い主さん達からのおやつで餌付けしてもらったのが効果が出てますね~♪
アディは相手の飼い主とそのワンコを同じ群れと見なしている様で、私が相手の飼い主とワンコに接触していれば大丈夫だと思う様になってきました。相手のワンコにアディも安心して近づいてこれるのです。
コレが相手のワンコに恐怖を与え、チョクチョク相手からパンチを受けてましたね・・・(笑)
でも、いまでは喧嘩にはならなくなりましたよ。
フリーなら相手からは距離を置いて逃げれますが、リードを持ってる時は私からは逃げれませんから・・・(苦笑)
但し、妻がリードを持って散歩する状態ではこの限りではありません。ケント君に近い状態ですね!
まず、他のワンコには近づけませんし、会わさない様に行動しますから・・・(苦笑)

私が入院中に、妻が公園に散歩に連れて行った時、お馴染みのメンバーに会ったワン友から「まるで別の犬を見るようやったよ」って言われましたよ。・・・(汗
その時から、公園にはワンコ集会が行われていない時間帯に散歩させていた様です。。(苦笑)
お供する人間によって態度が変わるのは事実ですね。。

| アディパパ | 2012/03/15 08:38 | URL | ≫ EDIT

アディパパさん

私にはケントが散歩で緊張しているなんていう発想は全然ありませんでした。
だから散歩でガウルのは一緒に遊びたいからだとか匂いを取りたいからだとかどっちが強いか見極めたいからだとか・・・そんなことしか思いつかなかったのです。
それにドッグランや公園では普通なのに散歩の時だけガウガウするのか不思議でした。
でもケントが散歩で緊張していることを指摘されたあとよく観察してみたら納得することが多いのです。
まず正面からのすれ違いは全然ダメ。
だけどある程度距離があって進む方向が全然違うと大丈夫。
塀の中から吠えられるのは意外と平気。
大きな音をたてる新聞や郵便配達のバイクはダメで他のバイクは気にしない。
奇声をあげて通り過ぎる子供はダメだけど普通に歩いている子供は大丈夫。
散歩の相手によって反応が違う。(私だと緊張が増幅する?)

アディ君も同じようだったとは驚きです。
公園でワン友さんたちと仲良く過ごしている姿から想像ができません。
いろいろな工夫やワン友さんの協力で今日があるのですね。
ケントも緊張しないで散歩ができるようになれるといいな。

奥様はきっと緊張されていたのでしょうね。
リードを通してアディ君に伝わったのかな。
私もおなじですから気持ちがよ~くわかります(汗)

| まりんば | 2012/03/15 10:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。